慰謝料の計算方法

慰謝料の計算方法

交通事故に遭うと、被害者は加害者に対して慰謝料を請求することが出来るようになります。

 

この慰謝料請求は損害賠償額の一つとして存在するのであって、
損害賠償額=慰謝料というわけではありません。

 

慰謝料が発生する場合とは、交通事故が原因で、
被害者側に入院や通院をした場合や精神的な被害を受けた場合、
後遺障害が残ってしまった場合にできるようになります。

 

このうち、交通事故により例えば、全治2週間のけがをして入院をしてしまい、
働けなくなってしまった場合には慰謝料が発生しますが、2週間の期間仕事ができませんので、
休業損害として慰謝料を請求することが出来るのです。

 

休業損害をもらうことで、損害賠償額が増額します。
では、どのような場面で休業損害がもらえるでしょうか。

 

休業損害がもらえる場合

まず、休業というからにはお金を稼いでいる必要があります。
ですので、働いていない子供や老人、生活保護者が被害者だったとしても、
休業損害が出るというわけではありません。

 

ただ、主婦の場合には休業損害が発生します。

 

休業損害が発生する場合、その支払額の基準がありますが、
支払額の基準は自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準の3種類があります。

 

自賠責保険基準は、運転者が必ず入っているためこの基準を元にしても最低限の額はもらえますが、
支払額はこの3つの中では一番少ないです。

 

任意保険基準について

任意保険基準は、3つの基準の中で一番利用されているものです。
この任意保険基準の額は、自賠責保険基準の次に多くもらえます。
裁判所基準は、裁判所で争いが生じた場合に適用されます。

 

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!

女の人

慰謝料をするのにまとまったお金が必要ですが、
どうしても手持ちになく用意できない…なんてことがあります。
そんな時に利用してほしいのがキャッシングです。

 

キャッシングも会社を選らんで賢く使えば、怖くないですし損もしません!
詳しくは↓↓↓

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!