保険会社の考える慰謝料の相場

保険会社の考える慰謝料の相場

交通事故の被害者になりますと、加害者側が加入している、
任意保険の保険会社から交通事故の損害賠償金の提示があります。

 

内容としては、治療費、入通院の慰謝料、通院費、入院雑費、後遺障害等級認定がありましたら、
後遺障害の慰謝料と後遺障害逸失利益です。

 

保険会社の提示するこれらの金額をそのまま鵜呑みにすると、
大きく損をしてしまう場合があります。

 

そもそも、任意保険は交通事故により損害を与えた場合、
強制的に加入している自賠責保険で賄いきれなかった部分を補うための保険でありますから、
任意保険会社は必然的に支払う金額を出来るだけ抑えたい考えとなります。

 

ですから、任意保険会社の提示する金額は自賠責保険の基準に基づく最低限のものとなります。

 

しかし、この損害賠償金には『裁判所基準』といえるものがあり、
弁護士などはこの金額に基づいて請求しています。

 

例えば、治療期間の考えも、任意保険会社は実通院日数を基準としますが、
裁判所基準では総治療期間もしくは、実治療期間の3.5倍したものの少ないほうを採用します。

 

また、入通院慰謝料についても自賠責基準よりも高額ですし、
後遺障害の慰謝料や逸失利益などは、自賠責基準と裁判所基準では大きな開きがあります。

 

逸失利益の計算について

逸失利益の計算の基準となる年収の考え方も、
任意保険会社の考え方と裁判所基準の考え方は大きく違うのです。

 

また、ムチウチ等の場合など後遺障害等級認定もあまり認めたがらない傾向にあります
(後遺障害等級認定は被害者で請求できる『被害者請求』という方法もあります)。

 

このように、任意保険会社の考える交通事故の慰謝料の相場というものは基本的に低いのです。

 

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!

女の人

慰謝料をするのにまとまったお金が必要ですが、
どうしても手持ちになく用意できない…なんてことがあります。
そんな時に利用してほしいのがキャッシングです。

 

キャッシングも会社を選らんで賢く使えば、怖くないですし損もしません!
詳しくは↓↓↓

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!