慰謝料の相場〜自転車事故編〜

慰謝料の相場〜自転車事故編〜

自転車事故を起こした場合、慰謝料請求ができると考えている人も少なくありませんが、
何でもかんでも慰謝料請求をできるというわけではありません。

 

慰謝料請求ができる場合というのは、自転車事故の結果、
怪我をして入院をしたり通院をした場合が一つです。

 

その間にかかった費用を請求できるということです。
また、後遺障害がある場合もです。

 

もちろん交通費も請求することが出来ます。
自転車事故に遭った場合には、まず警察に連絡をしなければなりません。

 

警察に連絡をするのは慣れていないことが多く、また、急いでいる場合には、
どうしての警察に連絡をせずに示談で解決しようということになりますが、
そもそも警察に連絡しないと慰謝料を請求することができなくなります。

 

慰謝料請求をするためには、
人身事故である必要があり、物損事故では請求ができないのです。
この時に警察に連絡をしておき、人身事故と認定されれば請求できることになります。

 

示談はトラブルのもとになります。慰謝料請求ができるかどうかということもそうですが、
相手が悪いと後で多額の金銭を要求されて面倒なことになりかねません。
ですので、相手方が申し出ても示談は避けるようにしましょう。

 

慰謝料を請求する倍には保険会社を介入しなければなりません。

 

保険会社の立場は請求額を過去の事例を参考に決めていきます。
ただ、各保険会社によってその額が異なってきますので、その点は注意してください。
どうしても不安だという場合には弁護士に相談をしてみてもいいでしょう。

 

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!

女の人

慰謝料をするのにまとまったお金が必要ですが、
どうしても手持ちになく用意できない…なんてことがあります。
そんな時に利用してほしいのがキャッシングです。

 

キャッシングも会社を選らんで賢く使えば、怖くないですし損もしません!
詳しくは↓↓↓

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!