慰謝料の相場〜養育費編〜

慰謝料の相場〜養育費編〜

現実の社会では、離婚は少なくありません。
そして慰謝料や財産分与で揉めることも多いです。
中には、離婚裁判までもつれ込み、修羅場を見ることもあります。

 

離婚に際して、慰謝料以外に問題になることの一つに養育費の負担があります。

 

養育費について
離婚が成立して、親権者となったほうの親は、
二人の間の子供を育てていかなければなりません。

 

その場合、親権者となった側は相手から養育費を受け取り、
それでもって親としての経済的責任を果たしてもらう必要があります。

 

養育費の支払義務というのは、
決して最低限の生活ができるレベルの扶養義務ではなくて、
それ以上の内容が含まれた生活保持義務なのです。

 

言い換えますと、養育費というのは、
親権のない親の生活水準と同様のレベルを維持できるよう、支払っていくというのが筋なのです。

 

要するに…自分の生活を切り詰めてでも、支払う義務があるのです。

 

養育費支払いに関して、連帯保証人を付けることは可能です。
そうしておくと、もし支払いが滞っても、連帯保証人に対して支払いを請求できます。

 

ただ、実際には連帯保証人を引き受ける人は少なく、
このシステムはあまり利用されていません。

 

確かに、1,000万円近い金額にのぼることもありますので、敬遠されがちになるのは当然ですよね。

 

また、この保証人問題を持ち出した時点で、
それまでの協議がにわかに複雑化する恐れもあります。

 

ある意味、慰謝料の算定以上にトラブルが起こる事案でもあります。

 

そして、離婚裁判で血まみれの争いが繰り広げられる例もあります。
なるべく、離婚裁判は避けて、協議離婚の形で進めていくことが望ましいです。

 

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!

女の人

慰謝料をするのにまとまったお金が必要ですが、
どうしても手持ちになく用意できない…なんてことがあります。
そんな時に利用してほしいのがキャッシングです。

 

キャッシングも会社を選らんで賢く使えば、怖くないですし損もしません!
詳しくは↓↓↓

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!