慰謝料の相場〜婚約破棄編〜

慰謝料の相場〜婚約破棄編〜

人生の大きな出来事で節目になるのが結婚です。

 

婚約をしてあとは挙式を待つだけという期間は、
人生の中でも通常は一番幸せを実感できるときになります。
しかし、何かのトラブルがおきてこの婚約破棄とい悲しいものに変わることもあります。

 

離婚をする際には相手に責任がある場合、慰謝料を請求することができますが、
婚約破棄の場合においても、慰謝料として損害賠償を相手に請求することができます。

 

この慰謝料というには、婚約破棄により当事者が、
精神的な苦痛を受けたことに対しての損害賠償になります。

 

他にも、結婚を前提の婚約期間に購入した、
家具や結婚式の費用なども損害賠償として請求ができます。

 

請求方法その@〜内容証明書を利用する〜

請求方法は、まず内容証明書に金額と振込みの期日を記載して相手に送付します。

 

その際には、内容証明書には金銭を振り込まれない場合は、
法的措置を取りますと記載しておきます。ただ、この期間に振り込まれない場合はよくあります。

 

請求方法としては、内容証明書を使用するのには意味があります。

 

通常の郵便なら100円もだせば相手まで届けることhできます。
しかし、内容証明書なら1枚1220円と高額になり相手に対して本気で請求しているというのが伝わります。

 

請求方法そのA〜内容証明書ができなかった場合〜

次の請求方法は、内容証明書から裁判所の調停になります。
そして、その調停でも和解ができないときには裁判になります。

 

しかし、慰謝料の相場としてよく提案される金額は50万円から200万円程度になります。
ただ、内容証明書は出来れば、弁護士か司法書士に依頼すると失敗がありません。

 

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!

女の人

慰謝料をするのにまとまったお金が必要ですが、
どうしても手持ちになく用意できない…なんてことがあります。
そんな時に利用してほしいのがキャッシングです。

 

キャッシングも会社を選らんで賢く使えば、怖くないですし損もしません!
詳しくは↓↓↓

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!