慰謝料の相場〜交通事故編〜

慰謝料の相場〜交通事故編〜

交通事故を起こした時にはどのような問題が起こり得るかを事前に知っておくことが必要になります。

 

まず、一般的に事故を起こし被害を受けたほうは慰謝料を請求できると思われていますが、
慰謝料請求をすることができる場合とできない場合があります。

 

例えば、交通事故には遭ったけども、
全くどこも怪我をしていない場合には慰謝料は請求できません。

 

慰謝料請求ができる場面は2つあります。

 

一つが交通事故の時に怪我をして病院へ入院したり通院したという事実がある場合

この場合、入院費用や通院費用は慰謝料として請求をすることができます。

 

また、入院や通院に伴う交通費なども請求をすることが出来ます。
それと、打ち所が悪かった場合などに後遺障害が残ることがあります。

 

後遺障害が残ってしまった場合

後遺障害は1級から14級まであり、自賠責保険会社や任意保険会社が決めていくのではなく、
損害保険料率算出機構という機構が決めていきます。

 

等級が決まるといくらの慰謝料を請求することが出来ますが、
自賠責保険基準と、任意保険基準、裁判所基準の3つの基準があります。

 

自賠責保険と任意保険の保険金額について

自賠責保険基準は、一番3つの中で額が少ないため請求できる額も少ないのです。

 

一方、任意保険基準は自賠責保険よりも高い額になります。
さらに裁判所基準は一番高い額になります。

 

ただし、裁判所基準の場合には裁判所が関与する場合、
つまり訴訟を起こすような争いになった場面で適用することが可能です。

 

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!

女の人

慰謝料をするのにまとまったお金が必要ですが、
どうしても手持ちになく用意できない…なんてことがあります。
そんな時に利用してほしいのがキャッシングです。

 

キャッシングも会社を選らんで賢く使えば、怖くないですし損もしません!
詳しくは↓↓↓

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!