慰謝料の相場〜浮気編〜

慰謝料の相場〜浮気編〜

既婚者がパートナーとは異なる異性と性行為を含んだ交際をすることを浮気といいます。
これは、法律の貞操義務の不履行にあたり離婚事由として規定されています。

 

この行為によって精神的な苦痛を慰謝するための損害賠償が慰謝料です。
浮気相手の場合、相手が既婚者であることを知らなかった場合や肉体関係がなかった場合には、
書面などでその旨を主張して自分に慰謝料を支払う義務が無いことを伝えます。

 

既婚者だと知っていた上で肉体関係があった場合には裁判なる可能性もあります。
浮気の慰謝料の相場としては200万円程度で、事情によっては100?500万円ほどになることもあります。

 

裁判になると慰謝料の金額は、
「離婚になる原因の内容」「結婚期間の長さ」「相手方の資産や収入」
などが考慮されて決定します。

 

裁判上での相場としては100?300万円ほどで落ち着くことが多いですが、
事案によっては50万円程度とされたり300万円以上だと認定される場合もあり、
具体的な事情によって金額は変わってきます。

 

また、浮気相手から既に300万円の慰謝料を受け取っていた場合には、
パートナーに対してはそれ以上の額を請求することができず、
逆に浮気相手から十分な慰謝料を受け取っていない場合には、重ねてパートナーに請求することができます。

 

既に夫婦関係が破綻していた場合などでは慰謝料を認められないケースもあるため注意が必要です。
手続きなどを行う場合には、法律の専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

 

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!

女の人

慰謝料をするのにまとまったお金が必要ですが、
どうしても手持ちになく用意できない…なんてことがあります。
そんな時に利用してほしいのがキャッシングです。

 

キャッシングも会社を選らんで賢く使えば、怖くないですし損もしません!
詳しくは↓↓↓

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!