慰謝料の相場〜不倫編〜

慰謝料の相場〜不倫編〜

できればそのようなことは起こって欲しくないとは思いますが、
「もしあなたの配偶者が不倫をしてしまったら?」
そのような時のためにどうするべきか知っておく必要があります。

 

不倫の証拠を押さえる

まずはあなたの配偶者が不倫をしてるかどうかの証拠をきっちり押さえます。
何故なら証拠がないと問い詰めても否定をされてしまいかねませんし、
慰謝料の支払い義務がないと解釈されかねないからです。

 

弁護士を雇い慰謝料請求する

証拠を掴んだらできれば弁護士などの法律のプロを雇って慰謝料を請求しましょう。

 

その慰謝料ですが、一番起こりうるパターンとして浮気相手が既婚者と不倫していた認識があること、
裁判で慰謝料を決定することと想定すると、あなたと配偶者が離婚しない場合には、
50万から100万くらいが相場です。

 

この不貞行為が原因で離婚する場合は200万から300万が相場になります。
これは不倫した配偶者と浮気相手からそれぞれこの額を支払うという判決が出るでしょう。

 

不倫相手が既婚者と知らない場合は慰謝料請求が難しい

もし浮気相手があなたの配偶者のことを既婚者と知らなかったのであれば、
浮気相手からは慰謝料を請求することは困難になります。

 

既婚者と知らなかった場合は不貞行為をしているという自覚はまったくないはずです。

 

不倫の期間が相当長期にだったり、この不貞行為が原因で、
子どもができてしまったというような事態になってしまったら相場よりさらに高くなる可能性が高いです。

 

また、配偶者も浮気相手も公的に不貞行為をしましたと認定されるのは避けたい場合は、
慰謝料を裁判の相場より多く支払うことにより和解に持ち込む場合もあります。

 

配偶者の不貞などないのが一番ですが、泣き寝入りしないためにも知っておきましょう。

 

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!

女の人

慰謝料をするのにまとまったお金が必要ですが、
どうしても手持ちになく用意できない…なんてことがあります。
そんな時に利用してほしいのがキャッシングです。

 

キャッシングも会社を選らんで賢く使えば、怖くないですし損もしません!
詳しくは↓↓↓

慰謝料に必要な費用をキャッシングで捻出するならココがおすすめ!